ヒーリングセッションやっています

死を想う

嫌な時代に生まれて

気に食わない容姿で

故郷に愛着もなく

特に他人を愛することもない

そんな人生でも終わりがくる

この時代、この容姿、この故郷

全部がたった一回こっきり

他人を愛さず自分も愛さないまま…

そう思えば、そう思えたなら

死を想えば生に電流が走る

人生が際立ち背筋は伸びる

惰性は糾弾され、命を懸けてこう問われる

『本当にお前はそれでいいのか?』

真っ向から答えられる自信はない

その焦燥感は濁流となって全てを浚う

無数にあった選択肢達を慮ると無力感に苛まれる

非可逆性で建立された世界に対して

狂わずにいるにはどうしたらいい?

生に執着するのでもなく

死を乞うのでもなく

機会を大切にしよう

僕はそう思った

何の超越性も無い考え方かもしれない

それでも、地面を這いつくばる僕には丁度良い

死の看破は誰かに任せて

死を睨め付けるくらいが丁度良い

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください