ヒーリングセッションやっています

自称スピリチュアルヒーラーやライトワーカーの特徴をまとめてみた

やほほい!ヒーラーとかライトワーカーさんへ。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

美化とか偏見とか固定観念のお話。

※この記事は、スピリチュアルなことにハマったりする人、ヒーラーさんやライトワーカーさんが読んで緊張をほぐしてもらうための内容を意図しています。決して批判や否定をしているわけではないので誤解しないでくれるとやんわりしてきますよね(笑)

ぼく自身ヒーリングをやったりスピリチュアルなことに触れたり、ブログでやんや言っていますが、正直うさんくせーなって思われていると思います。自分でも、胡散臭いってけっこう思います、まあ世の中全員胡散臭いとも思っています(笑)

覚醒とかサイキックとか、宇宙人とか、いつからか美化されていたり、科学と非科学、善と悪、美しいモノと汚いモノ、なんていう風に二極に落とし込むのが好きなぼくらはちょっと俯瞰したり、一歩引くことが必要になってくるかもしれません。

まあ、解釈や感覚、感性や意識なんて、全部自由であっていいんですけどね(笑)

スピリチュアルとはなにか?

あなたにとって「スピリチュアル」とは何ですか?

神聖なモノ、神秘的な感じ、かっこいい、サイキック、エリート意識、胡散臭い、拝金主義、嘘、まやかし、幻想、信じ難い、

人それぞれで、色々な感情があるでしょう。

ぼくは、「スピリチュアル」という言葉自体しっくりは来ていないんですが、色々なひとが色々なかたちで広めてくれたおかげで、

例えば「なにやってんの?」と言われたときに、「スピリチュアル的ななにか」とかストレートに伝わりやすいニュアンスで使います。人に何しているの?と聞かれて、サラリーマン!とかブロガー!って答えるよりは数百倍くらいは胡散臭くて気にいってます。

まあ、聞かれる機会も多くないし、そもそもどう思われるかに対しては、極論興味がないんで、何もしていないとか、オトナなやつ、ほぼ詐欺師的なやつとか、宇宙人とかちょーてきとうに言うこともあります(笑)人はそれほど自分に興味ないと思うので(笑)

ヒーリングをしていたり、「スピリチュアル」な内容のブログを書いているのも、精神世界が素晴らしいからとか、スピリチュアルがかっこいいから、誰かをスピリチュアルで救いたい!とかそういう仁徳感溢れるキリストみたいなマインドはなくて、

「過去」の自分がちょっと辛かったなあ。とか、窮屈にしていたなあ。とか縛られていたなあ。とか、そういう反省的に思うところがみなさんのヒントになれば嬉しいのと、

一番はこれをしていて、昨日と今日、もっといえば5秒前と3秒後のせかいが違うようで、毎秒新鮮な自分にこんにちはできるからです。

究極のエゴですね(笑)

だから、ヒーリングとか、スピリチュアルという言葉よりは、「究極的に胡散臭い自分探し」みたいな方がわりとしっくりきているんじゃないかとおれ。なんて思っています(笑)

もちろんヒーリングとかブログを通じてありがとうございます。なんて言われるととても嬉しくて、こちらこそめちゃくちゃありがとうございますなんだけど、やっぱりやっていて良かったなおれ。天才。神かも。ってこっそり褒めるときもあるかもしれません。(笑)

みなさんにとって、「スピリチュアル」とはなんですか?

正解はひとつもないし、間違いはひとつもないとぼくは思っていますが、

スピリチュアルなことに傾倒しているひと、ヒーラーやカウンセラー、ライトワーカーを名乗るひとこそが、「スピリチュアル」を閉じ込めている節もあるんじゃないかな。

ってなんとなくイメージがでてくるときがあるので、それを共有しておきます。批判や否定ではもちろんありません。

「スピリチュアル」とか「覚醒(アウェイクニング)」って言葉がなんか特別にさせるけど、ぼくらは光と闇。悪と正義みたいな二元的な構図でできていないし、もっとふつうでフラットですよね。自分がオー!イエス!って言うだけなので(笑)

それはヒーラーやライトワーカーが一番わかっているところだと思いますが、

自分を美化したり、意識高い系にもっていたり、かっこよく神格化することがおそらくフィルターをかけてしまうときもあるかもしれません。たぶんね(笑)

「自称」宇宙人、ヒーラー、ライトワーカーの特徴まとめ

これはぼくが勝手にイメージしているだけなので、違う部分も多いと思います。なんとなく、ヒーリングとかライトワーク的なことをやっている方でこんな感じのひともいるなあというところを共有しておきますね。

①サイキック能力を美化しがち

前世やオーラをみたり、ハイヤーセルフに繋がったり、目に見えないモノとコンタクトとったり、チャネリングしたり、テレパシックな会話したり・・・サイキック能力って色々あると思いますが、けっこう美化しているひともいるイメージがあります。

実際、ぼくは自分でみて思うからわかったんですけど、けっこうふつうですよね。別に特別でもないし、かっこよくもないです。心地よくはありますね。(笑)

自分に対するヒントはネットサーフィンするより確実にたくさん色濃くもらえるのでそれはラッキーかな。

覚醒したい!って思っているひとも同じかもしれません。ぼくもそうでしたがけっこうかっこよくイメージしちゃうんですよね。そこから抜けて好奇心全開にしておけば覚醒しちゃいます。たぶん(笑)

②「特別感」強調しがち

自称ライトワーカーに多いですかね。ぼくは例外なく、性別も関係なく、広義の意味でいえば1人1人みんなライトワーカーだとわりと真面目にかつ本気でおもっています。たぶん(笑)

そして、例外なく、全員宇宙人だし、ヒーラーです。

「特別な」使命、例えば、地球を重いところから軽いところに導いてあげる役目がある。とか、波動がブレているひとを助ける。とか、不幸なひとを幸せに。とかとか、

つまるところ、闇→光、悪→善の、二元論に縛られている印象です。でもそうじゃないですよね。二極で捉えきれない世界がスピリチュアルっぽい面白さ(とぼくは思います)なのに、結局二元論に戻す。というとても歯がゆくて愛おしい状況にいます(笑)

かといって、スピリチュアルが非二元(ノンデュアリティ)なのかと言われればその時点で二元の世界に入っちゃうのでモヤモヤもするのでとりあえずやりたいことやっとけって感じですね(笑)

ぼく途上国や紛争国にわりと行ったことがあって、そういうところで、「正義感」振りかざして活動している人とはお友達になれませんでした(笑)

おれらが助けなくちゃ。おれらがやらなきゃ。とか、けっこうおせっかいだし、上下なんて関係をつくっているのは紛れもなく意味不明な「正義」です。

③「教祖」つくりがち

これは主にスピリチュアルにハマるひとですかね。ヒーラーさんやライトワーカーさんにもいるかもしれません。

○○さんの考えが素晴らしい!○○さんの哲学はかっこいい!これはぼくも本読んだりして、思うときもあります。ニコラ・テスラはけっこうまじで友達になりたいです。

ただ、その○○さんが全て正しいとは限りません。間違いとももちろん思いませんが。ここでもぼくらは二元論をもってきます。スピリチュアルな世界で、例えばAさんのいう事は素晴らしい!正しい!とか、Bさんの世界観は違う!そんなはずはない!とか、

どこをどう判断して、そういう答え(思い込み)になっているかちょっと俯瞰して落ち着きましょう(笑)

ぼくは、何でもアリと思っているので、スピリチュアルな世界でこうあるべき。とかこれは違うんじゃないかな~。とかの判断はほぼしませんが、自分の好奇心尺度に照らし合わせて、スピリチュアルな見解やマインドをおもろいかおもろくないかで判断しています。

先生や教祖はいてもいいですが、「自分」が一番大切です。自分だけが神です。

④社会や政治・経済システムを悪者にしがち

これぼくもたまにやっちゃうんで気をつけているところです。

スピリチュアル的文脈から捉えれば、この世界に良いも悪いもないですよね。ここを忘れたらスピリチュアルは究極につまらなくなります。

経済や政治・社会システムが合理的ではないなあ。と思うところももちろんぼくはありますが、それが「絶対悪」ではないですよね。そこに目を向ける必要もありません。

だからそれを壊すとか、真っ向からガチンコ勝負仕掛けて、自分が正義みたいなアレコレはぼく必要ないと思っています。世界のエリートたちがぼくらを陥れるためにコントロールしているからそこに気付いてシステム崩壊させるでええ!って

肩の力いれるまえに、もっとやさしくやんわり、賢くやんやするのがスピリチュアルっぽくないですかね。そっちの方がわりと面白いとおもいます、たぶん(笑)まあ、これは好みかな。

⑤「美意識」に偏りがち

これは、波動的な意味合いですかね。例えば、極端ですが、食事は野菜を食べなければいけない。肉や魚は波動が低すぎ。インスタント食品なんて言語道断だ。

とか、アルコールやたばこはダメ!大麻、、絶対ダメ!!なんて感じでしょうか(笑)(ちなみに、バシャールが言っていますが大麻はバイブレーション高めます。(笑))

確かに肉より野菜の方が「軽い」のは事実だけど、スピリチュアルっぽくてもっと面白いのは、なんでも食べるけど、めっちゃ波動高いですがなにか問題でも?的なマインドですね。酒?好きだから飲むけどエネルギー循環してますが?

みたいな方がぼくは信頼できます。

究極、○○しなければいけない。○○でなくてはならない。○○はダメ!なんてところから来る美意識は、かなり固定観念や偏見ぶち込むオトナと一緒なんで、スピリチュアルっぽくはなくて、なんかつまらないです(笑)

⑥ワクワク好き、ネガティブ嫌悪しがち

ワクワクとか愛を光を引き寄せましょうなんて、キャッチフレーズ使いがちです。胡散臭い新興宗教かよ。って突っ込まれますよね。自称ライトワーカーとか多そうなイメージです(完全に偏見です。笑)

ネガティブな部分とか、闇の部分に入り浸るのは確かに、もったいないし、疲れるので、ぼくも好きではありません。ただ、ネガティブな部分、闇の部分って気づきを与えてくれるめちゃくちゃ良いやつです。

影がないと光ってわかりませんよ?それを無視して、常にワクワクしていなきゃ。とかポジティブでいなきゃ。ってカラ元気は心にもカラダにもあまりよろしくないと思うので、一旦落ち着きましょう。(笑)

言葉ってやっかいで難しいんですけど、できる限りフラットで在りたいですね。好奇心や自分がおもろいとおもうところはとことん追求していきながら、たまには疲れちゃう自分もいるなあ。よしよし。と甘えさせてみてあげてください。

⑦ロマンスや恋愛求めがち

これは、主には日本の女性ライトワーカーさんやヒーラーさんかな。たぶんね。

ソウルメイトやツインレイなど、スピリチュアルな言葉にはいくらでも拡大&縮小解釈できる概念がたくさんでてきます。まあ、定義もなにもほぼないので、自由に解釈して、開けっ広げにしてみんなが楽しくあればいいのですが。

ぼくが正しいとも思わないので(笑)

ソウルメイトやツインレイはロマンスとして、片割れと統合するでええキラキラワクワク♡なんていかにも女性を釣れそうな言葉であなたを誘います(笑)

もちろん、ぼくらは男性と女性。性別なんてややこしいモノがあるから、ツインなんて聞くと、運命の人!パートナー!ゼッタイこの人!なんて思いがちです。

そもそもを辿ると、女性や男性の枠なんて、生まれ変わりまくってるので、あってないようなモノです。ツインやソウルメイトをロマンスや恋愛の文脈からみすぎると、そりゃあ怪しいヤツが出来上がってくるかもしれません(笑)

あと、ロマンスだけにソウルメイトやツインの面白さを縮小してしまうと、魂的な部分とか、マインド的な部分を見落としがちなので、ぼくはもっと広くみた方がおもろいかなーって思います。まあ、これも好みですね。

⑧盲目に猪突猛進になりがち

これは総括的な意味合いですが、結局、ぼくらは光と闇、正義と悪みたいな構造がわかりやすくて好きだし、そこに慣れています。

○○しなければ!○○は絶対ダメ!と自分の「信念」っぽいものを掲げればかっこよくいられるし、評価されることもあるかもしれません。

盲信して盲目的に誰かに従えば、楽で心地が良いです。

ただ、ぼくが思うスピリチュアルなせかいはもっとフラットで四角よりは丸いイメージで、やんわりしています。ゆるキャラよりは確実にゆるいです。

否定せず、信じて受け入れて、信じすぎず受け入れすぎはしない、そんな絶妙なバランスのなかにスピリチュアルなおもしろさを発見できるのではないでしょうか。

終わりに:ヒーラーでもライトワーカーでもなんでもアリ

なんとなく、ぼくがイメージするところが伝わったでしょうか。

「スピリチュアル」、「覚醒」、「ライトワーカー」「私は宇宙人」って言葉に引っ張られていたり、神秘性を帯びさせたり、かっこよくみせたり、反対に、うさんくせー、気持ち悪!、やばめ~。とかって否定しまくるより、

自分や物事をはかる「物差し」をもう少し柔軟に広く、優しく広げてあげると、ぼくが勝手に解釈するところの「スピリチュアル」のおもしろさがわかるかもしれません。まあ、わからなくてもいいんですが(笑)

ぼくは、まったくスピリチュアルに興味ない友人と話をするとき、くだらないことやスピリチュアルなことも交えて話すのですが、キモー。って言われながらも、まあお前の存在の方がスピリチュアルよりもきもいかな。

って言ってくれる友人なのでホッとします(笑)

地球も世界も社会も、もうちょっとやんわり優しくあったほうが、お互いに楽なので、平和的にいきましょう、ぼくはこれからも怪しかったり胡散臭さをウリにしていきます(笑)

可視化しにくスピリチュアルてきなことって解釈次第でどのようにも化けられるあたりは、人間みたいでとても面白いですよね。いろいろな人があーでもない。こーでもないっていうせかいがぼくは大好きです。

みなさんはどう感じますか?いつもありがとうございます。

2 COMMENTS

タマ子

自称ライトワーカーでピーラーの人に酷い目にあってここにたどり着きました。

耳障りの良いこと言いながら近づいてきて、完全に信頼してました。やんわりしてたのに都合悪いと潰す。心せまっ!って驚きました。

優しい友達がマインドコントロールされてしまって。私は悪者扱いです(笑)
どんどん現実から離れていく友達をみていると辛く、紹介した自分を責めてしまいます。

いい人そうに見せかけて、コントロール出来そうな人だけをピックアップして率いれるのは、エセヒーラーですよね…。

いつか気がついて友達が現実に戻ってこれるよう、
これも経験だったと受け止めて、傷ついたけど、また人を信じることができる自分になりたいです。

私はライトワーカーでもヒーラーでもないですが、そんな肩書きなくても人のお役に立てる人間でいたいです。

返信する
まめたろう

タマ子さん、
コメントありがとうございます!

そうですね、ライトワーカーだとか、ヒーラーとかっていう肩書は有効になる人とそうでない人がいると感じています。
正直、入り口はそこでもどこでもいいんですが、ゴールではないことをわかっておくと楽になることも多々ありますよね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください