ヒーリングセッションはこちら(初回半額)

シンクロニシティとは?偶然が重なる意味と理由を理解すると起こること

まめたろう
まめたろう

今回のテーマは「シンクロニシティ」です

たっかぶり
たっかぶり

とにかく良い感じなんですよ。

※この記事は、シンクロニシティについて、その意味となぜ偶然が重なるのかをスピリチュアル的観点や心理学的観点から解釈しつつそれらは人生にどんなメッセージがあるのかを紐解く内容になります。


「シンクロニシティは、主観的な世界と客観的な世界の間の意味のあるつながりを明らかにします。

— カール・ユング

繰り返し出てくるような数字、色、言葉、イメージなどを見続けることがあるでしょうか?たぶん、人生で一度はそういう経験だれでもあるはず。

それは単なる偶然ということも大いにありますが、まさにシンクロを体験しているときなのかもしれません。

一見すると、自分が狂ったかな?って思われるような偶然の一致、またはその連続をシンクロニシティと呼びます。

今回はそんな摩訶不思議なシンクロの世界を一緒に解明してみましょう。やっぱり物理的世界と精神的世界にそこまで大きな違いってないのかもしれません。

この記事は以下のような人におすすめ
  • 似たような数字、言葉を最近よく見かける人
  • シンクロってわかるようでわからない人
  • 何かのメッセージがありそうなんだけどそれがわからない人
  • とにかく不可思議な体験が好きな人

シンクロニシティの意味とは?

まずはシンクロニシティの意味です。

意味のある偶然の一致

シンクロニシティは、心理学者のカール・ユング氏が提唱したアイディアです。

そして、その意味は、人生で不思議と起こる深く意味のある偶然の一致。とされています。

日本語だと共時性といわれ、因果関係のない出来事が意味や関連性を帯びて起こること。と言う風に解説されます。

一見すると原因やきっかけと思えないことが、とある結果に結びつくことから、奇跡!とかいう人もいます。

シンクロの例の詳細は後述するとして、特定の数字を連続でみたり、特定の言葉や記号を繰り返し違う場所でみつけたりですね。

例えば、あなたがカフェでAさんのことを考えていたら、偶然そのカフェでAさんと鉢合わせしたりです。基本的には約束したり(原因)していないと会う(結果)にはならないことをシンクロといいます。

シンクロニシティの具体例や事象は?

abstract blur bubble clean

人によってどんなシンクロを体験するかは多岐にわたりますが、一般的にはこんな感じだよ。というのと具体例をシンクロニシティを身近に感じるためにみていきましょう。

たぶん、一生で一回くらいは誰でも体験しているはず。

シンクロのあるある形式

シンクロはこんな感じで現れることが多いそうです。

シンクロっぽい事象
  • ゾロ目や整合性のある数字をみる(11:11、56789,3・6・9など)
  • 考えていたらそれが起きる(ケーキ食べたいと思ったらプレゼントでもらうとか)
  • 行きたいと思っていたところにベストタイミングで行ける
  • 人・動物・場所を夢見て、生活の中で繰り返しそれらをみる
  • 繰り返しの記号(∞、△、フラワーオブライフなど)

これらが一般的にはシンクロっぽい事象っていわれます。

シンクロニシティの具体例

さらに具体的にいうと、こんな感じがあります。

シンクロっぽい具体例
  • 見知らぬカップルが自分の人生にとって大切なことを話す
  • 不思議な状況で同じ曲を何度も聞く
  • 同じシンボルがや画像を繰り返し見る(雑誌、CM、建物など)
  • 既視感(デジャブ)
  • ベストなタイミングでベストなメッセージを得る(離婚、離職、人生の大きな変化などのとき)
  • ベストなタイミングでベストな人に会う(パートナー、友人、師匠など)
  • 何日も何日も同じ時刻に時計を狙わずにみる(11:11、14:14、23:23、2:22)
  • 自然ととある方向に導かれるような感じになる(例えば、あなたの理想的な仕事、家、関係など)
  • 友人、パートナー、同僚などの間の生年月日が同じ人に出くわす

セレンディピティとシンクロニシティの違い

ちょこっとだけ話が横道に行きますが、

セレンディピティとシンクロニシティはしばしば似たような文脈で用いられることがありますが、セレンディピティとは、「偶然の幸運・産物」、幸運な偶然を手に入れる力を意味する言葉です。

例えば、支払い期日が迫った請求書をたまたまみつけて、現金が必要なときに、久しぶりに来たジャケットから必要な金額が入っているとかです。

一方で、シンクロニシティは、必ずしも幸運っぽい出来事や偶然ではありません。不運っぽい出来事かというとそうではなく、数字をみるとか記号をみるとかすごく抽象的な出来事に近いです。

基本的には今の道が順調だよ!とか、こっちの方向の方がスムーズにいくよというメッセージなのですが、解釈が微妙にゆらぎやすい≒気が付きにくいんですよ。

なぜシンクロニシティが起こるのか?(各分野の意見)

さてここからは、いろいろな分野でシンクロニシティがなぜ起こるのかの説明をみていきます。もちろん否定的な分野もありますよ。なんせ不思議系ですからね。

①ヒンドゥー

ヒンドゥーにおいて、シンクロニシティはブラフマンの表れ、あるいは、宇宙における万物の基本的なつながりのようなものともいっています。ブラフマンとは平たくいえば創造主、宇宙の根源です。

要するにみんな(表も裏も)ワンネス的な感じでつながっているからこそ、シンクロっぽい出来事を体験するということです。

②行動経済学

一番否定的な意見の1つともとれる、行動経済学では、確証バイアスの一形態として、このシンクロニシティをみます。確証バイアスとは、自分にとって都合のいい情報ばかりあつめる性質や傾向を指します。

例えば、黄色の車を探すように言われた場合、想定よりも多くの黄色の車がみつかるみたいな感じです。スピリチュアル系でいうと、ゾロ目をみる≒幸運の印という意味不明なバイアスがあって、ゾロ目が想定よりもでてくる(≒実際には見つかったときだけ印象に残る、あるいはみつけようとする心理なだけ)みたいなやつです。

③懐疑論者

彼らはシンクロニシティを、「アポフェニア」としてみます。アポフェニアは、無作為あるいは無意味な情報の中から、規則性や関連性を見出す知覚作用のことです。

ランダムなデータや無意味なデータに繋がりやパターンをみる習慣です。これは、月に人やウサギの餅つきみたいなやつがあると錯覚するみたいな感じです。

④スピリチュアル

スピリチュアル好きな人にもいろいろいますが、彼らはシンクロニシティをハイヤーセルフや自分の魂からのメッセージみたいな表現をする人が多いですね。

高次元からのメッセージがあるから。って感じです。

⑤心理学者(ユング系)

ユング心理学を踏襲する人は、シンクロニシティを無意識や集合的無意識から来るものとしています。つまり、無意識や夢などからの現実への投影が起きていると行ったところでしょうか。

無意識などについては以下の記事で詳しく解説しています。

⑥まめたろう

この世になんのインパクトも残していないぼくが僭越ながらシンクロニシティがなぜ起こるのかをみてみると、

そもそも意味なんて自分でつくるものだから。あなたが宇宙だからです。理由になっていないという笑

ぼくの感覚だと、ゾロ目をみたり、因果関係のない偶発性、共時性のあることを体感するのは、実は、主観的世界観と客観的世界観にそんなに違いはないからなんだと思います。

つまりなぜシンクロが起こるかについて説明できるのはその人自身だけで、そこに意味付けを本当の意味でできるのも体験した人だけなんですよ。(自分だけってことは、みんなも同じって矛盾しためちゃくちゃな理論が成り立つのがスピリチュアルなのです。)

だから、シンクロニシティを確証バイアスといっても正解だし、すんごいラッキーなことといってもハイヤーセルフからのなんちゃらといっても正解なんですよ。

何がシンクロニシティを引き起こすのか?

シンクロニシティを創造するのは上から見ても横から見てもエネルギーなのですが、そこにはいろいろな言い方があるのでそちらをちらっと紹介します。

①無意識や潜在意識

スピリチュアルな世界では、潜在意識や無意識の世界でもぼくらは魂やエネルギーとしていきているといわれます。目に見えない世界にいる自分といったところでしょうか。

その無意識にある心が、シンクロニシティを通じて、意識にある心や肉体にメッセージを投げかけているという解釈ができます。ユング心理学も夢についてはいろいろな研究がありますが、夢は精神世界バージョンの自分ってことがいえるんですよ。

極端な話、夢(別次元の世界)の自分が、その世界で石ころを拾ったら、現実世界、肉体をもつ世界の自分がゾロ目をみるみたいな感じです。

②エネルギーの調和

文字通りすべてのものはエネルギー、波動といわれています。

なので、シンクロニシティは、それが起きた瞬間のバイブレーションが、世界や環境、状況などとと同期して不思議な偶然を呼び覚ますという可能性があります。

言い換えれば引き寄せの法則(≒似たバイブレーションは引き合う)みたいなもんです。

③サイキックアビリティ

シンクロニシティをサイキックアビリティの表れというスピリチュアルピーポーもいます。

直感的に、誰から電話きそうだなと思ったり、なんか大事なイベントがありそうだなとかっていうのを直感的に感じ取ってそれが実際に起こるみたいな。

この側面も全部エネルギー的な調和といってしまえばそれで終わるんですけどね。

シンクロニシティが起きるときと呼び込める状態は?

シンクロをウェルカム状態にしておくのはシンプルに言ってしまえば今ここを生きるのみなんですが、いろんなヒントもあると思うので、そちらをご紹介してみます。

①オープンマインド

シンクロは信じた人にしか起こらない!というわけではなく、信じないと起きたことに気が付かない可能性があります。確証バイアスが逆張りで働き続けるみたいなね。

なので、あらゆる可能性にオープンでいることがまずは大事です。

②期待値を下げる

シンクロだけでなく、スピリチュアルガイドからのメッセージを受け取るなどなどに共通していえることは期待値をちょびっと下げる。ってことだとぼくは思っています。

目に見えない世界をきらびやかに捉えて、なんか「奇跡だ!!」と思えるようなことが起きてほしいと思うのは悪くはないんですが、そうならなかったときのリスクと失望感が大きすぎるんですよ。

なので、ほどよい距離感を保つためにリラックスしておきましょう。そうすると良い感じのエネルギーフロウになる人も多いはず。

③とにかく信頼してみる

①と一緒なんですが、シンクロはわりと普通に起きるんよ。と肩の力を抜いていると、自分のみにアピールするような数字や記号、文字あるいはそれっぽい出来事が起きやすいです。

正解や不正解はないのでシンクロ体験などを頻発させたいともし思うのであれば、まずはシンクロが起きるよねという世界線にジャンプしてみましょう。

④本能に従う

直感がどこから来るのかは人それぞれですが、そのひとつにガットフィーリングというものがあります。お腹のあたりの感覚です。これは本能ともいわれ、いわゆる危機察知だけでなく、

摩訶不思議な直感にも敏感になります。そうするとシンクロの周波数がなんとなくつかめてきます。

シンクロニシティのメッセージを解釈する方法

シンクロのメッセージを別に無理に解釈しなくても、いずれわかるので安心しておけばいいんですが、暇つぶしがてらやるのは楽しい部分もありますのでいくつかヒントになりそうな方法をシェアしてみます。

①瞑想してきいてみる

シンプルな方法はこれです。

瞑想して「〇〇をよくみるんですがどういう意味がありますか?」と内側に尋ねてみます。

訪ねてみたときに返ってくるリアクション、例えば、感情、言葉、色、シグナルなどが浮かんでくるのを待ってみます。そしてそれが解釈不能だったら、もう一度「それってどういうこと?」と尋ねてみます。

それらを深堀していくことで、自分オリジナルのシンクロの意味がわかることがあります。この辺りは練習を重ねていくと慣れていくので何度も愉しみながらやってみるといいですよ。

②繰り返しているパターンをみつける

シンクロはスピリチュアル的に言ってしまえばハイヤーセルフなどからのメッセージが現実としてよくわからない形として物質化するというものです。

今の自分が現在直面している課題や繰り返すパターンなどに対して、その答えや解決策をみいだせるのもシンクロのメッセージの1つです。

例えばついつい本音を隠すというパターンを繰り返しているのに気が付き始めたら特定の数字をみるようになったとかはまさにシンクロ体験の1つと言えるかもしれません。

③体のリアクションをみる

ぼくの場合、そっちじゃなくて、自分の本音の道を選んだ方が楽よ。みたいなメッセージをシンクロとして得ることがありますが、そのときに背骨が正しい位置にない感覚とか、腰が浮く感じがあるんですよ。

ただの勘違いってこともありますけどね。

そんなイメージで、何か特定のメッセージがあるときは明らかに身体にいい意味でもネガティブな意味でも違和感を感じるのでそちらに注目していきましょう。

④象徴的なものをメモする

シンクロをどのレベルで設定しているかは人それぞれですが、ぼくはけっこう象徴的なことが多い印象です。

なので、夢で繰り返し同じシーンが登場したり、1111を1週間連続でみたり、道端で羽を拾ったり、夢でも現実でもサギをみたりですね。なので、は?と次元が変わっていくようなあの感覚があれば、それを📝することにしましょう。

そうすることで、向こうもいろんな種類のメッセージを投げかけてきやすくなります。

⑤夢日記をつける

ハイヤーセルフと繋がったり、ガイドと繋がったりもできる夢日記ですが、シンクロの意味を解釈するのにももちろん役立ちます。

なので、覚えている範囲でいいので夢の日記をつけてみるのがおすすめです。

シンクロニシティを発見して日常を鮮やかに

シンクロがどんな意味をもつかは本当に人それぞれです。

ゾロ目をみたら幸運なことが起きるとかそういう表面的なことを楽しむのももちろんありですが、順調な自分からのメッセージは現実世界におけるとどんな形で現れるのかとか、

逆に本来の自分とズレているよ!っていうときはどんな象徴性を帯びた共時が起こるのかを把握しておくのは自分のバランスポイントがわかる一つのきっかけになるのでおすすめです。

ゾロ目とか整合性の取れた数字は見飽きているぼくは、最近シンクロかどうかは謎ですが、よく眠る前に象徴的な記号をみるんですよね。フラワーオブライフとも言い難いし、文字に起こしにくいなんともなやつで美しさはピカイチなんですが、

今のところ意味はよくわかっていないんですが、そのうちわかることを期待しつつ、そして知りたくなったら深く潜りつつ、シンクロを楽しんでみます。

みなさんは最近シンクロは何かありましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください